プロフィール

AMORALCODE

Author:AMORALCODE
hironori koyama

http://amoralcode.com/


Twitter


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


最近の記事+コメント


カレンダー(月別)

10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

来客人数


まとめ
DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:未分類
1513664_0.jpg
SABREとは、制御不可能な鋭利な牙という意味 SABREのデザイナーBrooke McGregorはオーストラリアに生まれ、ハードコアミュージックやテレビゲームスケートボードなどに明け暮れ、その悪ガキぶりはとどまる事を知らずのびのびと育っていった。彼のライフスタイルの背景にはパンク、スケートボードという2つの大きなカルチャーが大きく影響しています。それは「平和と繁栄」をテーマに掲げるヴィクトリア州の考えとは対極的で、アナーキーかつ反骨に満ちた考えと生き方。
1513664_2.jpg
例えば全身にタトゥーを入れた容姿や個性的なスタイルにもそれは表れています。また、彼はアナーキーな部分からは想像できないほどの、ユニークさも持ち合わせています。それはSABREというアイウェアを見れば一目でわかりますが、そのユニークさは任天堂(ゲーム)をこよなく愛するという意外な一面からもインスピレーションされているのかもしれません。そんな彼のまわりにはスケーターやサーファーはもちろん、ミュージシャン、デザイナーなどの才能のあるクリエイター達がたくさんいます。そんな彼らもSABREのプロダクトに深く関わっている事から、デザイン性に優れ、新しくて魅力的なアイウェアが誕生していると言えます。 SABREを設立するまでにBrooke McGregorは様々な経験を重ねます。
1513660_0.jpg
地元のサーフショップのスタッフとして働き初め、 サーフブランドでチームを牽引する顔的人物としてグローバルな活躍を果たします。その後、自身の趣味がこうじてスケートボード、 サーフ、アートを音楽と融合するという画期的なパンクのウェブサイト(B-grande)を運営。そのサイトで世の中を皮肉ったオリジナルのステッカーを作り、車やスケートボード、ライブハウスなど至る所で目にするようになるなど、1つのムーブメントを巻き起こします。これがSABREの原形であり、Brooke McGregorが新境地を求めアメリカへ移住するきっかけとなりました。アメリカに移住後はカリフォルニアのニューポートビーチにある小さなモーテルを拠点としてサングラスブランド、SABREを設立。
1513660_2.jpg
ハザードロゴ(海外の警告マーク)をブランドのトレードマークとしたパンキッシュでハードコアなデザインはアイウェア業界において斬新なブランドとして一躍、西海岸での人気を獲得します。現在ではアメリカ全土でサブカルチャー界きってのブランドに成長し、確固たる地位を確立しています。そのことはChristian FletcherやTom Knox, 日本ではストリートアイコンのプロスケーター竜人をサポートしていることでもSABREの人気を象徴しているのかもしれません。この豪華なメンツは集まるべくして集まったと言えるでしょう。 とにかくみんなオバカでふざけた事が大好きなのです。斬新なスタイル展開する「SABRE」のアイウェアからは目が離せない。代理店上代\14,000
amoralcode は なんと ¥7560

【SABRE】 DUDE 
【SABRE】 POOL SIDE

他にも 特価セール!!ロンドンのサングラスメーカー【SPITFIRE】も入荷しています!!
1064611_10.jpg
1064611_8.jpg
1136658_0.jpg
1136650_0.jpg
このラインは なんと ¥3980 (店頭販売のみ) よろしくお願いします!!
スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © インポート&リサイクル A MORAL CODEの店長 日記 all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。